【お野菜セラピー】実現の仕方

こんな人生を送りたいな。
こんな仕事をしたいな。
こんな風になりたいな。

そう思ってなれる人となれない人が
います。

思い通りにならない人は、
どのようにして実現すればいいのか
わかりません。

プチトマト

わたしもそのひとり。
しかし、
実現の仕方がわかってきました!

それもまたお野菜が教えてくれました。

お野菜をつくる時、
まず最初に何をつくろうか?と
考えます。

これがどんな人生にしよう?
こんな仕事をしよう?
こんな未来にしようかな?

と考えるのと同じです。

その時、
収穫時や食べている時のの様子を
思い描きます。

鈴なりの真っ赤なプチトマト、
赤や黄色のカラーピーマン、
黄金色に輝く蜜たっぷりのサツマイモ。
といった具合に。

畑のスペースは限られているので
作ってみたいと思うお野菜全てを
植えることはできません。

また、お野菜によって毎日お世話が
必要なお野菜とそうでないお野菜が
います。

主にこのふたつを基準に
「何を植えようか」
考えています。

いろいろ思い浮かべてみた中で
イメージするとワクワクしてくる
お野菜をつくろうと決めます。

これは自分の時間の中でできること
を考えると同じです。

残りの人生の時間、
仕事や家事、睡眠時間、食時時間を
引いて、
新たに何かを始めることに使える時間。

つくるお野菜が決まったら、
種や苗を購入します。

ようやく行動に移します。
いくら頭の中で何をつくろうか?
と考えていても何も収穫できません。

また、いつまでも考えていると
時期を逃してしまいます。

例えば、春に種まきや苗を植えなければ
いけないお野菜を梅雨の時期に植えると
病気にかかる確率が高くなります。

暑すぎて水分不足となり
発芽しなかったり、
根付く前に枯れてしまったり。

実が熟す前に台風で吹き飛ばされたり。

寒くなり霜に当たってしまったり。

人間のひとりひとりに人生の季節が
あります。

それを間違えると、
上手くいくものごとが
上手くいきません。

世間も自分の会社も景気が良いからと
規模拡大、設備投資したら失敗した。
といった話があります。

真冬の霜柱の中に種をまいたり
台風の中、苗を植えたら
どうなりますか?

収穫は期待できません。

人生においても、自然界の季節同様に
人生の季節、バイオリズムがあります。

種をまくだけでは、収穫することは
できません。

水をやり、草を取り、手入れを
しなければなりません。

時には畑に行きたくないなぁと思う
こともあります。

水分を必要とする作物の場合、
炎天下が続くなら水やりをしなければ
枯れてしまいます。

草とり、芽かき、枝の手入れなどを
しなければ、実に栄養が届きません。

実がつかなかったり、小さかったり
熟さないということが起こります。

種をまいた後、
芽が出てから実になる過程が
一番長いです。

何かを始めたからといってすぐに
思い描いていた人生になることは
ありません。

また、一生懸命手入れをしていても
思うように実がつかないことも
あります。

失敗したからもういいや。
と諦めてしまったら、
収穫して食べることができません。

肥料をあげてみたり、
枝葉を落としたり、
トライ&エラーを繰り返します。

もしかすると、
その年に収穫して食べることが
できなかもしれません。

なぜうまくいかなかったのかを
考えて翌年リベンジしてみます。

そんな中、台風に遭うことも
あります。
病気が発生することもあります。

そんなことを繰り返すうちに
最初に思い描いた野菜を食べる
ことができるのです。

人生においても
一生懸命がんばっていても
どうすることもできない
アクシデントに見舞われること
があるはずです。

それでも
思い描いていた人生が訪れるまで
トライ&エラーを繰り返す。

そうすれば必ず、望んでいた結果を
得ることができるのです。

畑は耕さないと荒廃します。

まじめで一生懸命生きていても
うまくいかないことがあります。

そんな時、畑を耕していると思えば
よいのです。

苦労して畑を耕しておけば、いい結果
がより早く出やすくなるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です