ズッキーニの食べごろ

ズッキーニの食べ頃は、いつでしょうか?
・収穫してすぐ
・収穫1週間後
・収穫2週間後

20160528_102722

ズッキーニは、カボチャ科です。
ハロウィンに使われるオレンジ色をした
「ペポ種」というカボチャと同じ種類です。

カボチャの一般的な食べ頃は
収穫後2週間から1ヶ月後と
言われています。

収穫直後より、追熟させた方が
美味しくなるのです。

しかし、同じカボチャの仲間でも
ペポ種のカボチャは追熟しません。

ズッキーニもペポ種のカボチャなので
追熟しません。

よってズッキーニの食べ頃は、
収穫後、できるだけ新鮮なうちです。

新鮮なズッキーニは、色鮮やかです。
皮にハリとツヤがあります。
ヘタにみずみずしさが残っています。

ちなみにカボチャは、コルクのように
ヘタが乾燥しているものが食べ頃で
美味しいです。

新鮮なズッキーニは水分が多く、
キュウリやナスを切った時の
切り口に似ています。

時間が経つと水分が抜けて、
全体的にフニャフニャになって
しまいます。
中味はスカスカで味が落ちます。

☆ズッキーニの選び方☆
・皮の色にツヤがあるもの
・切り口乾燥し硬くなっていないもの
・太さが均一なもの
・傷がないもの
・大きすぎないもの

☆ズッキーニ保存方法☆
新聞紙にくるみビニール袋へ
入れて冷蔵庫の野菜室にて保存

食感が損われるため、冷凍保存には
向きません。

冷蔵庫に入れっぱなしにしていると
キュウリが腐った時のように、緑色
の皮から腐ってしまいます。

ズッキーニがたくさんあるなら
乾燥させることをおすすめします。

切干大根ならぬ、切干ズッキーニを
作る場合2,3mmの厚さに切ります。

そのまま天日で干して冷蔵庫で保存
すれば長期保存が可能です。

ズッキーニは水分が多く乾燥しにくい
です。
しかし収穫時期が日差しの強い時期
なので比較的、乾燥させやすいです。

使う時は、水で戻してそのまま
他の野菜とコンソメと一緒に煮ると
よいです。

ズッキーニ独特の触感を楽しむなら
一夜干しがおすすめです。

2cmくらいの輪切りにして表面が
乾く程度に乾燥させます。
その後、オリーブオイルを敷いた
フライパンの上で焼いて塩とコショウ
やドライバジルを振ります。

耐熱容器に並べてトマトソース
とチーズを乗せてオーブンで焼いても
美味しいです。
チーズの代わりにパン粉振りかけて
焼くのもおすすめです。

また、他の野菜と煮てラタテュイユ
にしても美味しいです。

トマトやキュウリ、ナスと同じ夏野菜
ですが、1年中野菜売り場に並んで
いるわけではありません。

ぜひこの時期に楽しんでみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です