【お野菜の処方箋:足のつり】

足がつりの防ぎたい場合、
どのお野菜を選ぶとよいでしょうか?

・ナス
・トマト
・ツルムラサキ

IMG_0121

IMG_0101

IMG_0182

夏に増える足のつり。
「こむらがえり」
とも言います。

要因のひとつは
「冷え」

寝ている間に足が
冷えたことによる血行不良。

もうひとつは、
自分の体にとって
必要な血が不足しているケース。

葉っぱが青々と茂った
水分を多く含む木の枝は
よくしなります。

曲げても折れません。

枯れ枝を折り曲げると、
ポキンと折れてしまいます。

筋肉も血を含む体液が十分に
あれば、しなやかに動きます。

血が不足していると、
筋肉は硬くなり、しなやかな
動きができなくなります。

血は飲食物と
気(目に見えないエネルギー)が
合わさり変化してつくられます。

全ての飲食物には、
さまざまなはたらきがあります。

血を補うはたらきを持つお野菜
の中に「ツルムラサキ」が
含まれています。

夏の時期、葉物野菜は少ないです。
そんな中
血を補うはたらきを持つ
優れたお野菜です。

しかし、血をつくるための材料が
あっても、つくる時間がなければ
血は不足します。

ここでいう血の不足は、
一般的にいう「貧血」とは
少し違います。

血液検査の結果に関係なく、
あくまでも「自分の体にとって」
必要としている血が不足している
という意味です。

もし、足を冷やした覚えがない
にもかかわらず、足がつったなら
次の項目をチェックしてみて下さい。

1.立ちくらみしやすい
2.よく夢をみる
3.が割れやすくもろい
4.寝つきが悪く熟睡できない
5.睡眠不足

1~4は血が不足している時に
起こりやすい症状です。
4,5は、血が不足する要因です。

睡眠が充実していないと、
血が不足し、
寝つきが悪く熟睡できないといった
悪循環を招きます。

夏は汗をたくさんかきます。
体液が減少するため、
血のもとが不足し、
血が不足しやすくなります。

また、夜寝苦しいことで
寝不足にもなりがちです。

といったことなどから、
夏は特に血が不足しやすくなる
というわけです。

大昔から足のつりやけいれんには
芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)
という漢方薬が用いられています。

最近では、某製薬会社から
芍薬甘草を配合した、こむらがえり
向けの薬も販売されています。

芍薬は血を補う生薬です。

日頃から、意識して血を補う食物を
摂るようにすることをおすすめします。

血が不足してから、
あわてて漢方薬を服用すると、
時間とお金がかかってしまうからです。

また
「睡眠不足」「目の使い過ぎ」は
血を消耗します。

パソコンやスマホなど、
多くの方が目を酷使する生活を
しています。

それにともない
「血の不足」によって起こりやすい
足がつる、爪が割れやすいといった
症状が増えています。

足のつりや爪をケアする医薬品が
数々登場しています。

血を補うなう食事や
睡眠、目を休ませる
汗をかき過ぎない。

など、日頃から
「血が不足しない」ように
気をつけることで、
足のつりだけでなく、
二枚爪や熟睡できない
慢性眼性疲労といった症状を
防ぐことができます。

【お野菜クイズ:トマトの皮むき】

一番早くトマトの皮がむける方法は
どれでしょう?

IMG_0101

・冷凍する
・完熟にする
・熱湯にひたす

最近のフルーツトマトは
甘いだけでなく、皮が薄くて
食べやすいです。

わたしの作るトマトは
味が濃くて美味しいですが、
皮が硬いです。

プチトマトはそのまま食べて
しまいますが、
大きいトマトは食べにくいので
皮をむいていました。

普通に包丁で皮をむくと、
実まで皮と一緒にむけてしまい
もったいないです。

そこで一般的な「湯むき」を
していました。

トマトのお尻に包丁で軽く
十字を入れます。

十字を入れたトマトを熱湯の
中に入れてすぐ取り出します。

くるんとカールした皮の先を
つまんでヘタに向って引っ張ります。
するりときれいに皮がむけます。

しかし、包丁で十字を入れたり
お湯を沸かしたりしなければ
なりません。

湯むきの弱点は、ヘタの近くの
皮がうまくむけないこと。

結局、包丁を使うことも
よくあります。

そこでおすすめしたいのが、
トマトを丸ごと「冷凍する」です。

トマトを洗ってビニール袋に
入れて冷凍庫へ入れておきます。

使いたい時に取り出し、
水につけます。

表面が溶けたトマトを両手で
包むようにしっかり持ちます。

皮をすべらすように手の平を
下へ動かします。

するとプチッと皮が切れ、
中から、トマトの実がつるん
と現れます。

このトマトの皮むき、
やみつきになります!

必要以上、皮むきしたくなります。

生で食べる時は、
食べる少し前に皮をむけばすぐに
溶けます。

完熟トマトの場合、
凍っている方が切りやすいです。
ただし、カチンコチンだと
包丁がすべりやすいのでご注意を。

トマトソースを作ったり、
加熱する場合、凍ったまま
使用できます。

トマトの皮は消化が悪いので
胃腸の弱い方や小さなお子様は
むいて食べた方がよいです。

フレッシュトマトを使った
料理とは言わない簡単な一品を
ご紹介します。

◎トマトバジル
材料
トマト 中玉1個
(プチトマト 5個)
イタリアンバジル 数枚
塩麹 小さじ1
オリーブオイル 小さじ1

作り方
1.トマトを一口大に切る
2.イタリアンバジルを小さくちぎる
3.①と塩麹、オリーブオイルをまぜる
4.③を器に盛りイタリアンバジルを散らす

すごく簡単ですが、
やみつきになります。

もし、トマトが家に
たくさんトマトがある時は
トマトソースをつくることを
おすすめします。

皮をむいたトマトをざく切りに
して鍋に入れ火にかけます。

軽い塩味にしておけば、
後で、お料理によって味つけ
しやすいです。

プチトマトの皮むきは大変です。
そこでドライトマトにするのを
おすすめします。

プチトマトを半分もしくは、
1/4~1/3くらいに切ります。

干し野菜用のカゴがあれば、
かごに並べて天気の良い日に
干します。

なければ、ザルなど風通しの
よいものに並べて干しましょう。

塩やドライバジルで味付け
してもよいです。

【お野菜セラピー:身勝手な親】

人間の子育ての経験はありませんが、
とってもやんちゃな
カボチャを育てています。

IMG_0092

 

 

最初は、
「生きていてくれるだけでいい」
と思ったのに、
今は世間一般で言う「良い子」に
育てようとしています。

人間の子育でなくてよかった。
としみじみ思いました。

もともと、
カボチャは三兄弟でした。

種から育て苗となり、
土に植え替えました。

ところが強風にあおられ、
ふたつは茎と葉がちぎれて
死んでしまいました。

ショックで、数日間、
会う人、会う人に
「種から育てていたカボチャが
死んじゃったのぉ~」
と言って歩いていました。

今は、やんちゃ過ぎて
困っていますが、
生き残ったこの子も
かなり危ない時期が
ありました。

その時、
ぐったりと首はうなだれ
瀕死状態でした。

かろうじて、
肩に小さな葉っぱが1枚残って
いました。

農家さんだったら、
潔く抜いて、違うものを植える
はずです。

わたしは諦めきれず、
その子を抜かずにそのまま残して
おきました。

まるで、お医者さんに
「治る見込みはありません」
と言われたにもかかわらず、
延命措置を希望したかのよう
でした。

その後、見事に息を吹き返し
元気になったのです!

すくすくと成長している
カボチャくん。

カボチャ

好奇心が強く、
わたしの目を盗み、
お隣の畑に侵入しようします。

そんなやんちゃなカボチャくんを
「良い子」「立派な子」に
育てようとしていることに
気がつきました。

まさに欲が出てきたのです。

お野菜を育てる時、
栄養が分散しないように
苗がある程度成長したら、
枝やツルを整えます。

すると、カボチャの場合
収穫数は少なくなりますが
大きな実のカボチャを
収穫することができます。

初心者のくせに
ピンポン玉大の実を見て
大きくて立派なカボチャに
育てるぞぉと思ってしまい
ました。

わたしの野菜作りは、
商品となるお野菜を作って
いるわけではありません。

自然界から地(土地)を
お借りし、水と光、熱を
頂いていることを忘れて
いました。

これが人間の子育てなら、
「わたしが育ててあげている」
と思っているのと同じです。

そんな気持ちで
子育てをしてもきっと
良い子に育つはずがありません。

カボチャの実は、
花の付け根に緑色のさくらんぼ
のようにつきます。

既に実がついている子達は
生かしてあげることにしました。

大きくて立派なカボチャを諦め、
小ぶりのカボチャをいくつくか
作ることにしました。

どんなカボチャになるのか
楽しみです。
【おまじないご飯】
何があっても、どっしりと動じない。
それでいて謙虚。
そんな風になりたい時は
「蒸しカボチャのオイスターソースがけ」
をお試し下さい。

【お野菜クイズ:オクラの保存の仕方】

オクラの保存方法でしない方がよい
のはどれでしょう?

・冷凍保存
・常温保存
・冷蔵庫保存

IMG_0157

オクラは古代からエジプトで
栽培されていました。

日本に入ってきたのは明治時代。

沖縄や鹿児島など暖かい土地で
栽培消費されていました。

昭和50年代に入り、日本各地で
消費されるようになった
まだ新入りのお野菜です。

温かい土地で栽培されてきた
オクラは、寒さが苦手です。

裸で冷蔵庫に入れられるのは
勘弁してほしいと言っています。

ビニールに入った状態で
冷蔵庫に入れてしまいがちですが、
新聞紙に包んでからビニールに
入れて野菜室に保管しましょう。

ビニールのまま
冷蔵庫に入れてしまうと、
すぐにしなしなになって
しまいます。

茹でてから冷凍庫に保存する
時は、注意が必要です。

茹で時間を短くすることが
ポイントです。

煮立ったお湯の中に30秒。
それ以上、茹でると解凍後
柔らかすぎて美味しくなくなります。

できるだけ新鮮なうちに
食べるなら常温保存可です。

◎美味しいオクラの選び方
・産毛がある
・切り口が新鮮
・角が尖っている

生産者にとっておオクラは
人気のお野菜なのだとか。

1日おきの収穫でも大丈夫なので
収穫に追われずにすむそうです。

しかし、
産毛のチクチクが痒く、
ガクのトゲがものすごく痛い
のだとか。

鮮度が高いほど、産毛は
チクチクします。

切り口は、茶色く硬くなって
いないものを選びましょう。

オクラを大きく分類すると
五角形と丸形の2種類が
あります。

切ると
星型になる五角形のオクラは、
角が尖っている方が新鮮です。

丸形のオクラには角はありません。
鮮やかな緑色で産毛のあるものを
選びましょう。

丸形のオクラは、
生で食べた方が断然美味しいです!

畑で収穫仕立てを食べたところ
今まで食べたオクラの中で
一番美味しかったです!

しっぽの先の方はみずみずしく、
ガクに近いところは
粘りが強かったです。

緑色の部分が五角形のオクラより
柔らかいのも丸形の特徴です。

とにかく、甘くてジューシー
でした。

そういったことを知らずに
丸形を茹でて食べた
ところ、イマイチでした。

小口切りにしようとしたのですが、
柔らか過ぎて、
切りにくかったです。

五角形のオクラは、生よりさっと
火を通した方が美味しく頂けます。

切り口が星型でかわいいので、
お料理や用途によって
使い分けるとよいと思います。

オクラは、成長すると木のように
大きくなります。

花は黄色のハイビスカスに
似ています。

サラサラした水分より
粘り気のある水分の方が保水に
優れています。

オクラを食べて体液の保水
お試し下さい。

【お野菜の処方箋:夏の便秘】

夏の便秘におすすめな
お野菜はどれでしょう?

・オクラ
・カボチャ
・ピーマン

快便の時、
便は適度な水分を含んでいます。

汗をたくさんかくことで
体液が不足しやすくなります。

すると、腸が乾燥し
便も乾燥します。

コロコロしまった便より、
適度に水分を含んだ便の方が
スルリと腸を通り抜けることが
できます。

発熱した時、のどがかわきます。
便は出にくくなります。
便が出ても水分のない
硬くしまったコロコロ便か
ゴボウのように細い便が出ます。

発汗が多いと、
発熱した時のように
腸が乾燥しやすくなるのです。

そこで、おすすめしたいのが
夏野菜の「オクラ」です。

IMG_0155

薬膳では、大昔から
オクラには、
「腸を潤しお通じをよくする」
と言い伝えられてきました。

しかも「穏やかに熱を冷ます」
とも。

血を含む体液が不足すると、
体内は熱がこもりやすく
なります。

体内に熱がこもると乾燥し
悪循環を引き起こします。

サラサラした水分よりも
ネバネバした水分の方が
保水力が高いです。

それらを含めて、
夏の便秘、便秘予防に
「オクラ」をおすすめします。

ちなみに
カボチャは、胃腸を健康に導く
はたらきがあると言われて
います。

また、気(目に見えないエネルギー)
を補うはたらきがあるそうです。

気は便をつくったり、
腸内から肛門へと運んでいます。

ピーマンは、
夏野菜にしては珍しく
体を温めるはたらきがあると
言われています。

冷房などで冷えを感じる方に
おすすめな夏野菜です。

ただ、オクラを食べれば
よいというわけではありません。

せっかく、オクラを食べても
調理の仕方を間違えてしまっては
逆効果になることもあります。

ありがちなのが、
「夏野菜カレー」です。

素揚げした夏野菜を
のせたカレーです。

ナスやパプリカ、彩りとして
オクラがのっていることも
あります。

カレーは
体を温めるスパイスが
多く使われています。

また体感的に、
揚げ物を食べた時と
酢の物を食べた時、
どちらが熱くなりますか?

せっかく
オクラを食べるなら
さっと加熱し、さっぱりと
頂きましょう、

キュウリやトマトなど
水分の多いお野菜と
合わせてサラダにしたり。

小口切りにして
酢の物やもずく酢と
和える。

細かく切って
山芋のとろろや
納豆、めかぶなどの
ネバネバ食物と和える
のもおすすめです。

いずれも
さっと茹でるのが
ポイントです。

じっくり加熱すると
熱を多く閉じ込める
だけでなく、
色も悪くなります。

また小口切りにすると
星型に見え、涼しげです。

オクラの成長は
とても早く1週間で
巨大になります。

大きくなりすぎたオクラは
筋っぽくて美味しく
美味しくありません。

と、いうわけで
わたしはオクラを作った
ことはありません。

【お野菜セラピー:時期がくれば熟す】

結婚して幸せそうな友人
自分より先に出世した同僚
起業して成功した友人

そんな人が身近にいると
つい自分と比べてしまいがち。

IMG_0145

そして、
自分は何をしているのだろう
と、焦ったり、

どうせ私は何をしてもダメ
と諦めたり

どうして、
たいして努力もしてないくせに
と妬んだりすることがあります。

特に同級生だったりすると、
余計に意識してしまいがち。

今年初めて、
プチトマトの収穫をした時
トマトが教えてくれました。

「時期がくれば熟す」のだと。

プチトマトは、
ブドウのような房がいくつも
つきます。

ひと房に
8~10個の実がついて
います。

株の下から順に実り、
下から順に赤く熟します。

ぶどうのような房についている
実が一気に赤く熟すことは
ありません。

枝の根本に近い方から順に
赤く熟しています。

風と重みで実のついた枝が
何本か折れてしまいました。

房の根本は
赤く熟しているのに
房の先の方はまだ緑色です。

そのままにしておくわけに
いかないので、収穫しました。

完熟プチトマトは、
すぐにパクパク食べて
しまいました。

まだ未熟の緑色トマトは
そのままキッチンに置いて
おきました。

すると、日に日に
緑色が薄れ黄色っぽくなり
ちゃんと赤くなりました。

食べてみたら、
完熟プチトマトより
味は落ちるもののスーパーの
プチトマトに負けないくらい
のお味でした。

まわりが熟しても、
焦る必要なんてありません。
腐る必要もありません。

時期がくれば、ちゃんと熟す
のだからど~んと構えていれば
いいんだから。

と、プチトマトが言っている
ようでした。

プチトマトの株が学校。
房はクラス。
プチトマトの実ひとつひとつが
人間。

房に実がつき始めた時は、
みんな緑色をした小さな粒です。

そこから、少しずつ
大きさと色に変化が生じます。

同じ房なのに、大きさや色に
変化が表れます。

枝から遠い
房の先端のプチトマトが
焦って赤くなることは
ありません。

丸の形がいびつだからと
整形したいという
プチトマトもいません。

完熟するまでの時間は
トマトそれぞれ。

人間が結果を出し熟す時期も
人それぞれ。

ちなみに
スーパーに並ぶトマトは
青いまま収穫されたものです。

完熟していると、
輸送中に傷つきやすく、傷み
やすいです。

そんな理由から、完熟トマトが
並ぶことは少ないそうです。

その点、自分で作れば
完熟トマト食べ放題です!

最近のおやつ&水分補給は
もっぱらプチトマトです。

【おまじないご飯】
胸がチクッとしたら、
「プチトマトツナサラダ」
パクパクパク。
心のささくれ、心のささくれ
とんでいけ!

お野菜クイズ:辛い大根

20151024_062125

鳥肌が立つ大根
辛い大根はどれでしょう?
・春夏の大根
・秋の大根
・真冬の大根

大根は
しっぽの細くなっている方が
辛いと言われています。

中にはしっぽではないのに、
生で食べると、鳥肌が立つくらい
辛い大根があります。

子供が食べたら、一発で嫌いに
なること間違いなしです。

このように刺激的な大根は、
特殊な作り方をしているわけでは
ありません。

寒い時期の大根は、生で食べても
甘いのに不思議です。

大根が辛くなる主な理由です。

・季節による気温の上昇
・土壌の窒素過多
など

自分でお野菜を作ってみて
初めてわかったことのひとつです。

辛い大根は苦手なので、
作るなら冬大根だけでいいと
思いました。

生のお野菜には酵素がたくさん
含まれています。

かと言って、無理に辛い大根を
生で食べるのはやめましょう。

なぜなら、胃腸を傷つけて
しまうからです。

辛い大根をはじめ、
刺激の強い食べ物を食べると
胃がキュンと収縮します。

ビックリすると、
身体が硬直します。
それと同じです。

胃が収縮すると、
消化のはたらきが低下します。

せっかく体によい大根を
食べても、胃腸のはたらきが
低下してしまったら元も子の
ありません。

「辛過ぎる大根」は
無理して生で食べるのは
やめましょう。

また「辛過ぎる大根」
だったからと捨てる必要は
ありません。

しっかり加熱すれば、
たいてい普通に食べることが
できます。

厚めの輪切りではなく、
千切りや薄切りにして加熱
した方が辛味を感じません。

お味噌汁やスープ、
茹でで絞り、切干大根のように
使うと普通に美味しく食べる
ことができます。

ちなみに薬膳でいう
大根のはたらきは、
・消化促進
・熱を冷ます
・お血を散らす
・止血
などがあります。

昔から民間療法として
「大根飴」が用いられて
きました。

現代版、のど飴といった
ところでしょうか。

大根をはちみつに漬け、
浸透圧により大根から汁が出ます。

その汁を飲むと、
のどの炎症を抑えることができると
言われてきました。

のどの炎症を抑えることで、
痛み、咳、痰を抑えることもできる
と言われています。
卵焼き、焼き魚、しらす、
天ぷらに欠かせないのが
大根おろしです。

動物性タンパク質や揚げ物は
消化が悪く消化を助けるために
大根おろしが添えてあります。

油っぽいものを食べたあとに
「胸焼けがする」ことがあります。

大根には、
気(目に見えないエネルギー)を
下へ降ろすはたらきがあります。

消化不良による気の停滞を防ぐ、
またすでに起きてしまった
消化不良を気を降ろすことで
すっきりさせることができます。

胃薬のなかった時代、
昔の人は大根おろしを上手に
食事に取り入れていました。

私たちも真似したいものですね。

お野菜の処方箋:熱中症になりやすい人

IMG_0121

・立ちくらみすることがある
・睡眠不足
・寝つきが悪く熟睡できない
・不規則、偏った食事である
・汗をあまりかかない
・肌が乾燥してかゆくなる
・コロコロ便秘である
・爪がもろい

上記の項目、
3つ以上該当するなら、
水分を摂っていても熱中症に
かかる可能性があります。

「熱中症には気をつけましょう」
があいさつ代わりになるように
なりました。

各地で熱中症対策が行われている
にもかかわらず、年々
熱中症にかかる人は増加している
ように思います。

熱中症にかかってしまった人
の中には、こまめに水分補給を
していたという人もいます。

水分補給をしていても、
補給した水分が体内を素通りして
いては元も子もありません。

また、体内の一部に停滞している
こともあります。

体内が血を含む体液で
潤っていないと熱中症に
かかりやすいのです。

例えば
釣ってすぐのお魚焼いたら
なかなか火が通りません。

同じ魚でも干物ならあっと
いう間に焼けてしまいます。

人間の体内の場合、
血を含む体液が多ければ
必要以上、熱の上昇を抑える
ことができます。

逆に少なければ、
熱は上昇しやすくなるという
わけです。

不規則・偏った食事
を続けていると、血の元が
不足します。

さらに血の元があっても
造る時間(睡眠)が不足して
いれば、血は不足します。

不足しているのは水分だけでは
ありません。
もちろんこまめに水分を摂る
ことも必要ですが、それだけでは
熱中症対策にはなりません。

だから、熱中症にかかる人が
増加しているのだと思います。

睡眠時間を長くしても、
寝つきが悪く熟睡できなければ
睡眠不足同然です。

しかし、冷房をつけて寝ていても
足の裏が熱くてねむれない。
そんなことはありませんか。
これは、血の元となる体液の不足
です。

夏はとかく、汗で体液が流出し
不足しやすいです。

夏野菜には水分の多いお野菜が
多いです。

そして水分を補うことで
体内の熱を冷ましてくれます。

冷え性さんの多い近年、
ナスやトマトは
「体を冷やす野菜」と言われ
悪者扱いされることもあります。

必要な食べ物だから
その土地に実るわけです。

高くて、ケミカルな物質を
多く含む熱中症対策食品よりも
日頃から夏野菜を食べるように
してみて下さい。

熱中症対策食品を摂っても
ぐっすり眠ることができる
ようになりませんが、夏野菜
なら人によってぐっすり眠れる
ようになるかもしれません。

【お野菜クイズ】お野菜の処方箋

咳が止まらない時、
どのお野菜を選ぶとよいでしょうか?

20150207_08503220151028_05212220151024_062125

 

・ニンジン
・レンコン
・ダイコン

この中に昔から
咳止めの民間療法として
使われている野菜があります。

生のまま擦って絞り汁を
飲みます。

泥水のような味がします。
これがヒントです。

正解はレンコンです。

薬膳では、レンコンには収斂、
引き締めるはたらきがあると
考えます。

そして漢方治療では、
咳を引き締めることで止める
という治療を行います。

以前、
カゼをひき、咳が止まらず
咳で眠れないということが
ありました。

病院で処方された咳止めが
利きません。

試しにレンコンの絞り汁を
試してみました。

寝る前に飲んで、
翌朝までぐっすり眠ることが
できました。

こじらせる前に飲んだ
レンコンの絞り汁のおかげで
咳のカゼが長引くことが
なくなりました。

もっとも、今は
カゼをひくこともありませんが。

このレンコンの絞り汁には
いくつか注意が必要です。

まず、飲むタイミングです。
カゼの引き始めにはおすすめ
しません。

収斂、引き締めのはたらきにより
カゼの菌を閉じ込めてしまうから
です。

カゼの菌を閉じ込めてしまうと、
治りが遅くなります。

カゼの引き始めには、
引き始めの対応が必要です。

それでも咳が出るようであれば、
レンコンの絞り汁をお試し下さい。
量は、おちょこ1/2~3/4位です。

次にレンコンの選び方です。
やけに白いレンコンは
使えません。

レンコンは空気に触れると
酸化しやすく、すぐ真っ黒になって
しまいます。

それを防ぐために漂白剤が使用
されています。

切り口、皮がやや変色している
漂白されていないレンコンを
選びましょう。

最後に擦りおろす時です。
ビニール、ゴムの手袋をはめて
レンコンを擦りましょう。

でないと、
爪と指の間と指先の指紋が
真っ黒に染まってしまいます。

一度真っ黒になってしまうと
落とすのが大変です。

シャンプーをすれば自然に
落ちますが、完全に落ちるまで
2日くらいかかります。

上記の注意に気をつけて
お試し下さい。

最近、
咳について気になることが
あります。

数年前までは、
秋になり急に気温が下がった時に
「咳が止まらない」という症状を
よく聞きました。

今年は、梅雨に入ってから
咳が止まらないという話を
よく聞きます。

小さなお子様の喘息の発作の多い
ようです。

もしかすると、
香料や抗菌剤などに含まれる
ケミカルな物質が関係している
のでは?
という話も出ています。

肺は唯一、
外界と直接つながっている臓器です。

呼吸をすることで
さまざまな物質を体内へ
取り込んでしまいます。

咳をすることで、
カゼの菌をはじめ、
体内に不要なもの体外へ
排出しています。

私たちの体は目に見えない
バリアで覆われています。

鼻やのどの粘膜もバリアで
覆われています。

このバリア機能が頑丈であれば、
体によくないケミカルな物質を
シャットアウトすることが
できます。

脆弱なバリア機能の場合、
呼吸とともに簡単に体内に
侵入されてしまいます。

侵入されてしまったから、
咳で追い払うというイメージ
です。

戦うことは
エネルギーが消耗します。

咳をすると
すごく疲れます。

咳をすることで、
気(目に見えないエネルギー)
も一緒に排出しまうからです。

気の不足は
防御作用の低下につながります。

また、常に咳をしている人は
言いたいことが言えない
いつも我慢している人に多い、
という説もあります。

不満や怒りを発散することが
できず、たまったストレスを
咳をして発散させていると
いう見方もあるそうです。

いずれにしても
悪いものを体外へ排出、発散
させて咳は早めに止めましょう。

【お野菜セラピー】押付け

自分の想いが強すぎて相手が
見えなくなることがあります。

こうした方が絶対いいのに!
と押し付けがましくなって
しまうことがあります。

お野菜に対しても同じことを
してしまいます。
それで失敗します。

20160622_215855

昨シーズン失敗したから今度は
上手に作るぞ!
とか

たくさん収穫して、
あの人にもこの人にも分けて
あげたい!
とか

たくさん肥料をあげた方が
実つきがよくなるはず
とか

堆肥をたくさん入れた方が
成長がよくなるはず
とか

お野菜の気持ちを無視して
自分の思いをガンガンに
ぶつけてしまいます。

すると、
お野菜は決まってわたしの
思いと違う結果になります。

お野菜は生き物です。
しかし、人間のように
あーして欲しい、
こーして欲しいとは
言いません。

水が欲しいのか、
肥料が欲しいのか、
お野菜の気持ちを
知ろうとしなければ、
加減がわかりません。

思いが強いので
たいていやり過ぎて
しまいます。

すると、
病気になったり、
虫の餌食になって
しまいます。

こんなに手をかけて
いるのに
どうしてちゃんと
育ってくれないのだろう
と思うことあります。

こんなにしてあげてるのに。
と、見返りを求めてしまいます。

お野菜はわたしに
育ててもらっているとは
思っていません。

見返りなんて求めない「自然」
に育ててもらっていると
思っていることでしょう。

そして、
押し付けがましいわたしに
辟易しているかもしれません。

お野菜や相手によいと思って
していることが、よいこととは
限りません。

もし自分が
同じことをされたら
うっとうしいと
思うはずです。

どうして気持ちが
わからないのだろう
と思うことでしょう。

お野菜は、
「話しかける」ほど
上手に作れると言います。

お野菜に話かけながら、
状態を観察します。

毎日、一日に何度も
話しかけていると
微妙な変化もわかって
くるそうです。

お水が欲しいのね。
肥料はもういらないのね。

どのくらい欲しがっているか
量もわかってくるそうです。

人間に対しても同じように
接すれば、きっといい関係が
築けるように思います。